東広島市・解体業者さんへの依頼例。個人で解体工事を発注するために、わかりやすい相談窓口を開設しました。予算を節約して解体工事を発注できます!⇒解体工事の相談例(東広島)!

解体工事の分離発注方式!〜解体業者さんのフォローアップ〜
手続きは簡単です。最初にお電話にて、予算の出し方、概算費用をお伝えします。
そして、工費節約の説明と手順、詳細見積もり、契約・工事までわかりやすくサポート!
解体工事の受付電話
解体工事の受付センター 初めてのご相談
 
広島の解体工事・トップ東広島市・家屋の解体工事東広島市で解体業者さんに工事を依頼!
家屋の解体工事 - 東広島市
解体工事の分離発注方式!(家屋の解体・東広島市)

鉄筋鉄骨コンクリート造残置物解体・処分をされた事例(取り壊し方)を掲載しました。

東広島市エリアより、鉄筋鉄骨コンクリート造(+残置物・撤去)を解体いたしました。解体工事の新しいカタチとして、分離発注方式をスタートしました。自分で直接孫請けへ依頼することにより、解体費を大幅に節減できます。
 
鉄筋鉄骨コンクリート造・解体の担当窓口

家屋(鉄筋鉄骨コンクリート造)の解体・処分の捨て方より抜粋:

東広島市A様から鉄筋鉄骨コンクリート造(建築規模;約80坪/東広島市)の解体+残置物の撤去のご相談を承りました。

家屋の解体だけでなく、家屋の中の不用品(残置物)もまとめて撤去してほしいとのこと。解体の専門業者に、不用品の撤去を依頼したが、できなかったご様子。

可能なら、解体と不用品撤去を同時にしていただけないかとのご相談でした。

解体と不用品の撤去については、まるごと孫請け解体パックがお得です。

不用品の撤去については、リユースに強い便利屋を入れて安く回収・処分します。その後、家屋(;東広島市)の解体を一手にお任せ頂けます。

解体工事の見積もりガイドをお付けしますので、ご自分で孫請け解体業者へ発注することにより、解体費用を節約してください。

この度は鉄筋鉄骨コンクリート造の家屋解体+残置物の撤去のご依頼、誠にありがとうございました。

家屋(鉄筋鉄骨コンクリート造)の解体・処分されたお客様からコメント:

東広島市の解体業者は多かったが、残置物と一緒になると、割高になるため、もう少し安くならないか模索していました。

便利屋さんとコラボさせて、孫請け解体パックは、シンプルかつ合理的でよかったです。(東広島市;A様)

 
東広島市から、鉄筋鉄骨コンクリート造の解体の相談をされたお客様
タグ;東広島市,解体工事,解体業者,相談,事例,家屋,鉄筋,東広島
東広島市の解体工事・関連情報
解体業者☆分離発注方式!(家屋の解体・東広島市)
解体工事を行なうときに、家屋の周囲にある塀や物置の撤去・処分は追加料金を加算される場合もあります。近隣と接している場合など、現場毎に難易度も変わります。
無料の相談電話を開設!お気軽に!丁寧な対応を心掛けています。

解体工事の分離発注方式を理解しよう!

家屋の周囲(ブロック塀・物置・車庫・樹木の伐採)こちら!

家屋の解体前に、大量のゴミを処分する場合はこちら!
 
 
 
 
解体工事の見積り、お申し込み
解体工事のダイレクト発注方式
便利屋さんの物置・ガレージ撤去、樹木の伐採
便利屋さんのゴミ処分、撤去
 
ご相談・お申し込み
解体工事のメール無料相談
知っておきたい個人発注のしくみ
その他・お問い合わせ
よくある質問
解体工事の個人発注に関する手順、リスクの防止を相談窓口を通してサポートします。
 
土地を売るときの解体工事
解体工事をする前に、家屋の中にある家電、家具を最初に捨てたい!手順方法はこちら!
ブロック塀やカーポート(車庫)、物置、木造の小屋などを個別に発注する手順は?
 
解体工事の個人発注Blog [随時]
解体工事の事例Blogに関して…
【工事】木造住宅2階建て(;福山市)+倉庫解体
【工事】ログハウス(20坪)の解体をしてほしい;東広島市
【撤去】廃材(大型ゴミ)は、不用品回収業へ
【伐採】樹木の伐採は、便利屋さんの方が割安
【工事】解体・見積書ガイドをご覧いただき、ダイレクト分離発注方式をご利用ください。
解体工事のコラムBlogのリライト記事です。解体工事は事例が多岐に渡りますので、参考程度にご覧ください。
 
解体工事に関する、ご相談・問合わせ
 
運営会社のご案内
個人情報の取扱いについて
その他・お問い合わせ
よくある質問
更地にするための解体工事、個人発注のお申し込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ!
 
 
 
不用品・処分のご予約
不用品回収車のご予約
 

解体工事を個人発注する前に、準備などの手順を知り、近所に迷惑がかからない業者の選び方、交渉方法を伝えています。

解体業者に直接依頼できる!解体ダイレクトで個人発注の手続きを覚えましょう。お気軽にどうぞ!